番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

望郷は海を越えて('00年宙組・宝塚)

戦国時代に名を馳せた九鬼水軍の末裔、九鬼海人の波乱に満ちた半生をスペクタクルに描いた作品。宙組主演男役・和央ようかの大劇場お披露目公演でもある。'00年宙組・宝塚大劇場。作・演出は谷正純。和央ようか、花總まり、湖月わたる(専科)、樹里咲穂(専科) 他。鎖国と他藩への移封で海を奪われた今でも、海人(和央)は大型船を駆って外洋に出帆したいとの夢を抱いていた。由布姫(花總)との婚礼の日、日本の漂流者が戻ったとの報を聞いた海人は九鬼水軍の末裔達と出島へと向かう。ところが津波で舵を折られた船は、日本海を漂い、シベリアに漂着してしまう。漂着から3年、海人たちはシベリア総督に帰国の許可を得る為旅をしていたが、極寒の中、一人、又一人と異郷の地に屍をさらしていく。それでも尚、断ちがたい望郷の念から仲間と共に遥か日本を目指す海人たちの、壮大なロマンが繰り広げられる。

主な出演者和央ようか、花總まり/湖月わたる、樹里咲穂 他

放送日時
2018年01月10(24:00)

  • ラストシーンで涙 投稿者:ゆめみ
    日本物プラス洋物コスチュームプレイ。何か、贅沢な作品ですよね。
    この公演は中日劇場で観ましたが、最後の場面、亡くなった仲間たちが最初と同じ衣装で現れたのを見た瞬間、泣けてしまいました。この船で、この姿で、出航したんだ。なのに、こんなことになってしまって・・・。みんな、死んでしまって・・・。そう思ったら、何かもう、こみあげてきてしまって。
    そのもう少し前の、「殿に言われた航海日誌、書き終わりましたー」と言って、伊三が死んでいく場面でも、ほろりとしてしまいましたね。
    話はがらっと変わりますが、はなちゃんの赤い軍服姿、素敵でした!
    投稿日時:2007年07月11日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

望郷は海を越えて(00年宙組・宝塚)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。

 

番組検索

作品タイトル
出演者
  • STAR FILEスターから調べる
  • ジャンルジャンルから調べる

今月のスターの出演番組をチェック

  • ステージ
  • オフステージ
  • 公演情報
  • 旅・歴史
  • OGのステージ
  • 今日のニュース