番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

銀ちゃんの恋−つかこうへい作「蒲田行進曲」より−(’96年月組・バウ)

82年に直木賞を受賞し、大ヒットした映画版も「日本アカデミー最優秀脚本賞」を受賞した、つかこうへい作「蒲田行進曲」を原作に、宝塚バージョンとして上演。この度、花組で再演される作品の初演舞台。'96年月組・宝塚バウホール。潤色・演出は石田昌也。久世星佳、風花舞 他。映画スターの銀ちゃんこと倉岡銀四郎(久世)は自己中心的な性格で、何でも自分が主役でないとダメ。だから恋人の落ち目の女優・小夏(風花)や子分の大部屋俳優・ヤス(汐風幸)は気の休まる暇がない。小夏に赤ちゃんができるが、折しも撮影所では銀ちゃん主演の映画「新撰組」の撮影中。自分は大スターだと思いこんでいる銀ちゃんは、小夏をヤスと結婚させてしまおうと考える。最初はヤスを嫌っていた小夏だが、出産費用のために危険なスタントをするヤスの優しさに触れ、次第に心が動いていく。そんな時、銀ちゃんの一番の見せ場である「池田屋階段落ち」のシーンが、危険過ぎるとカットされそうになる。意気消沈する銀ちゃんを見て、ヤスは階段落ちを買って出る…。

主な出演者久世星佳、風花舞 他

放送日時
2017年02月02(24:00)、18(09:30)

  • 「芝居の月組」 投稿者:みそか
    「芝居の月組」の由来がよくわかるお芝居でした。
    主要キャストの久世さん汐風さん風花さんの充実ぶりは当然のこととするとしても、まだ新公学年だったんじゃないかと思われる出演者達の演技に感心することしきり。それに出演者皆さんの滑舌が良くて一つずつの台詞がとても聞き取りやすいことにも感動しました。
    ずっと「スカイステージで見せてほしい舞台作品」としてリクエストは続けていましたけれど、著作権などで色々難しい問題があって放送は無理なのではないかと半ば諦めていました。それだけに今回の放送決定はとても嬉しかったですし、初めてこうして見ることが出来て「良いものを見た」という満足感いっぱいです。スカステさん、ありがとうございました。
    投稿日時:2008年10月26日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

銀ちゃんの恋−つかこうへい作「蒲田行進曲」より−(’96年月組・バウ)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。

 

番組検索

作品タイトル
出演者
  • STAR FILEスターから調べる
  • ジャンルジャンルから調べる

今月のスターの出演番組をチェック

  • ステージ
  • オフステージ
  • 公演情報
  • 旅・歴史
  • OGのステージ
  • 今日のニュース